パソコン、スマホ関連

Rakuten UN-LIMIT2.0をいろいろな端末で設定して使ってみる【SHARP AQUOS sense3(SH-M12)編】

楽天モバイルの自社回線「Rakuten UN-LIMIT」ってどんな端末でも使えるの?【SHARP AQUOS sense3(SH-M12)編】

いよいよ第4の携帯キャリアとして楽天モバイルが2020年4月8日に正式サービスをスタートしました。

スタートダッシュのキャンペーンとして300万回線限定で1年間無料で利用できたり、事務手数料負担分が楽天ポイントで還元されたりといろいろな注目ポイントがあります。

今回、実際に「Rakuten UN-LIMIT」を契約しましたので、手持ちのいくつかの端末で動作検証をしてみました。

 

検証を行ったのは、

ASUS ZenfoneLive(L1)ZA550KL

SHARP AQUOS sense3(SH-M12)(本記事)

Apple iPhone8

NECモバイルルーターAterm MP01LN

の4機種です。(それぞれのリンクからページにジャンプできます)

 

検証の前に楽天モバイルについて少し解説させていただきます。

楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT」ってどんな特徴がある?

Rakuten UN-LIMITは次のような特徴があります。

■月額使用料2,980円のUN-LIMITプラン1種類だけ

通信量や通話量によるプラン分けはありません。UN-LIMITプラン1つだけです。

通信も通話(専用アプリが必要)も使い放題。後発のキャリアだけにかなり攻めた料金プランで勝負しにきてきますね。

楽天モバイル公式サイトはこちら

 

■楽天エリア(自社回線)では高速通信使い放題

正式サービスを始めてから日が浅いこともあり、今のところ楽天モバイルが自社で通信エリアをカバーしているのは「東京」、「大阪」、「名古屋」、「京都」、「神戸」など大都市圏のみですが(2020年5月現在)、高速通信が無制限で利用可能です。

※通信量が1日10GBを超えると3Mbpsの速度制限がかかります。

 

■パートナー回線エリアでは5GBまで高速通信可能。超過後は1Mbpsの速度制限

前述の通り楽天モバイルが自社でカバーしている通信エリアが狭いので、自社でカバーできないエリアはau回線網をパートナー回線エリアとして利用します。

その場合の高速通信容量は5GBの上限があります。5GBを超えた場合は1Mbpsの速度制限がかかります。

今のところ、大半のユーザーがパートナー回線エリアで通信を行うことになると思いますが、「1Mbpsの速度制限」というのが意外と使えます。

正式サービス開始までは128kbpsの速度制限だったので正直あまり使えないサービスだなって思っていましたが、2020年4月8日に「UN-LIMIT2.0」が発表され1Mbpsの速度制限に緩和されました。

1MbpsならSNSはもちろんのこと、YouTubeなどの動画配信も画質設定次第で十分視聴できます。

 

■音声通話、SMSは無制限使用可能

専用アプリを利用することで音声通話もSMSも使い放題になっています。通信も通話も無制限、「UN-LIMIT」というわけです。

ただし専用アプリ以外から発信すると30秒で20円の料金が発生しますので注意が必要です。

 

■300万回線限定で1年間基本料金無料

Rakuten UN-LIMITは現在(2020年5月時点)、契約後1年間プラン料金が無料になるキャンペーンを行っています。また、契約時事務手数料が3,300円かかりますがこれも楽天ポイントで全額キャッシュバック。実質無料で1年間使えます。かなりお得だと思いますのでお試しで契約するのもありだと思います。

楽天モバイル公式サイトはこちら

 

SHARP AQUOS sense3(SH-M12)でRakuten UN-LIMITが使えるか試してみる

SH-M12は楽天モバイルが販売する「楽天回線対応製品」ではありませんが、「公式スマホ」として楽天モバイルのホームページに掲載されています。

なのでSIMカードを挿入して電源を入れるだけでインターネット通信が可能です。

 

検証結果は以下の通りです。

APN設定も自動で読み込まれる

格安スマホなど、SIMフリースマホでインターネット通信をする場合、通常APN設定が必要になります。SH-M12は楽天モバイルに完全対応していますので、APN設定も自動で読み込まれすぐに通信可能な状態になります。

 

楽天Linkアプリで無料通話、SMSもOK

もちろん公式アプリ「楽天Link」にも対応しています。楽天回線エリア、パートナー回線エリア問わずSMSを利用したSIM認証や無料通話も可能です。

 

楽天回線エリアとパートナー回線エリアで通信してみました

通信速度は場所や時間帯で大きく変動するため、参考値と思っていただければ幸いです。

平日の15時ごろ、愛知県名古屋市中区の楽天回線エリアで速度を測ってみました。

この通信速度が1年後の無料期間終了後も維持できるのであれば通信、通話使い放題で2,980円は安いかもしれませんね。

 

 

パートナー回線エリアでも5GBまでは速度制限なしで高速通信が可能です。通信容量超過ごも1Mbpsの速度制限ですので、SNSやブラウザ閲覧もほとんど支障ありません。YouTubeも480pほどの画質であれば視聴可能。1Mbpsって結構使えます。

 

よし工房の動画でみる

ブログ記事の内容を動画にしていますのでよろしければご覧ください。

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

よしちゃそ

昭和53年生まれのアラフォー世代。   19歳から5年間パソコン専門店に勤務、その後営業職を経て現在はフリーランスとして   個人事業主として生計を立てる。   家族は18歳、14歳、9歳、6歳、0歳の子供と奥さんの大家族!!   実は子連れ同士のステップファミリーです。

-パソコン、スマホ関連
-, , , , , , ,

Copyright© よしブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.